映画、アメコミ、ときどきアニメ。

映画やアメコミ、フィギュア、アニメ、特撮など雑多に語るブログです。

スターウォーズ 最後のジェダイ感想

注意

本文にはネタバレが含まれる可能性があります。

 

さて、開設してから長いこと動かしてませんでしたが、最初の記事としてこの前鑑賞した「スターウォーズ 最後のジェダイ」の感想をば。


f:id:gmsb5821:20180202121656j:image

 

単刀直入に言いますと、最初はそんなに期待してませんでした。

映画というものには大体「続編はクソ」というジンクスがつきものです。ターミネーター3アイアンマン2ハリーポッターシリーズの何作か、スターウォーズで言えばクローンの攻撃など。たとえ良作でも、前作が名作の場合、アラジンやリトルマーメイドなど多くのディズニー映画にある続編のように影に隠れてしまいがちです。(個人的に「この続編は好き!」というのが数作ありますがそれはまた後ほど)

で、例によって今回はそれを予測してたわけです。スターウォーズらしからぬ暗めの展開、どうでもよさそうな新キャラ「ポーグ」、最近ありがちなアジア系俳優の登用、終焉を予感させるルークの言葉。正直言ってしまえば大体の人がスターウォーズに求めるものって昔ながらの冒険活劇、ストーリーの深さよりも展開の明るさや盛り上がりだと思うのです。そうじゃなきゃ単純明快な旧三部作と比較的ややこしい新三部作であそこまで評価が分かれるはずがない。今回の予告編はまさしく「スターウォーズらしからぬ新しい形の展開」を狙ってコケる予感がしました。

で、実際見に行きましたよ。

 

面白いじゃん。

そりゃあ安直なウケ狙いとか変な展開とかありましたけど、普通に続編として成り立っていて、変な話「フォースの覚醒」より好きな部分もありますよ。

私自身どうも時系列順に整理するのは苦手そうなので良かった点と悪かった点に分けて感想を。

まずは良かった点。

今回はちゃんと「三人の物語」が成立しているところ。

前作では謎が多かったのもありますが、どうしてもレイ単体に焦点が向きがちで、他の二人(フィンとポー)を活かせていない気がしました。中でも一番不憫なのがフィンで、一番ありがちな主人公の生い立ちn番目みたいな描写(自らに疑問を持ち、助けを受けておぼつかないながらも自分の力で歩み出す姿)で観客の共感、応援を誘っておいて、美味しいところはレイに持ってかれてあっさり昏倒。だってレイより先にカイロレンとライトセーバーでタイマン張ったじゃない!

その点今回はちゃんと目覚めて(前作予告を彷彿とさせるびっくり芸からスタート)レイを探しに行動し、あまり必要性を感じない←アジア系の整備士みたいなのと力を合わせて、最後にはキャプテンファズマとの一騎打ちという見せ場(ちゃんと勝利!)もあり、個人的に一番応援していて楽しいキャラでした。ただフィン自身の成長ポイントを、整備士側からの一方的な恋心で片付けるのは強引さが見え見えで……。せめてそういう恋心を抱く経緯の描写を入れませんか?それやってくれたらベニチオ・デル・トロの無駄遣いも許しますから。

その他、例えばポーの成長に関しては今回の反抗的な態度もいきなりと思えるかもしれませんが、ああいうちょっとした怒られ、みたいなきっかけで「何だよあいつ、俺のが出来るし!?」といきがっちゃって、そのまま斜めな感じの態度で突っかかって物事を悪化させていくのはすごく人間的で、いろいろと心が痛い^^;分かりやすい描写に仕上がっていて、レイの物語も、前作では何もわからないまま「何かフォース使えちゃった」のに対し徐々にフォースを知覚し、ルークやレンとの接触を経てフォースを操る、即ちジェダイへの一歩を踏み出せたかな、という部分が見て取れます。岩をどかすシーンなんかそうですよね。

そして今回の最大のポイントと言っていいルーク。最初はガンコなじじいになって、昔の好青年の面影ゼロかよ…と思った人も多いでしょうが(かくいう自分もブルーミルクのシーンでため息つきそうになりました)、レイとの出会いから自分の過ちに目を向け、さらにヨーダとの対話(CGヨーダじゃなかったのは感激!)において自分が今何をすべきかを知り、ライトセーバーを手に取る老騎士の姿はかっこよかったですね…まぁ実際には手に取るどころか赴いてすらいませんが。それが分かるところがまたかっこいいのです。かつて恐れに駆られ弟子を手にかけようとしたのとは異なり、まさに一歩引いた立場からかつての弟子を教え、去る。

これはうちの母の口癖ですが、「相手に怒った時点で、その相手と同じ土俵に立つことになる。そのレベルに自分を下げるのは馬鹿馬鹿しいから止めなさい」というのがあります。ルークもまた、一度は恐れや怒りを原動力とするシスの土俵にレベルを下げてしまった、一瞬でもそちらに踏み入ってしまったのではないでしょうか。そこから目を背けていたルークは見たままのしがない老人に成り果てましたが、そこを追及し正そうとするレイと、ヨーダの諭しにより本当のジェダイとはなんであるか、そしてレイを、レンをどこに導くべきか分かった、だからこそああいった行動のあとルークは逝ったのだと思います。最期にルークが眺める2つの夕日は、ルーク自身が故郷で親しんできたあのタトゥーインのそれにそっくり(または同じなのかもしれませんが)。少年時代のような純粋な心持ちに帰ることができたのか、ルークは万感の思いで消滅します。

いやぁ、長ったらしく書きましたがいいシーンだったなぁ!!

 

気を取り直してもう一つ良かった点を言うと、やはり今回のスターウォーズにも前述のワクワクするようなシーンはちゃんと含まれている、ということですね。

最終的にいい結果にはならなかったとはいえ、カイロレンとレイの共闘シーンが一番胸アツ!でした。ストーリー的にも、これでレンの立ち位置も分かり、一つの前進ともいえるシーンでしたね。他にもミレニアムファルコンは相変わらず絶好調でしたし、アクション満載のスペースオペラとして機能していました。

 

悪かった点、ビミョーな点としては、まずしょうもないサブキャラの存在かな、と。

唐突なラブストーリー的展開には「は?」となりましたし、結局ポーグは何もしませんでしたし(チューイが丸焼きを食うシーンは少し面白かった)、ベニチオ・デル・トロ演じるハッカーは何がしたかったのか分からずじまい、挙げ句の果てにレイア将軍まであのざまですよ。フォースで蘇生して宇宙空間から帰還!とか、逆シャアもびっくりですよ。

最初に死んだ名もなき女戦士(整備士の姉かな?)や、ポーと衝突しつつ最終的には皆を逃し散っていった代理の艦長(日本軍じゃないですが、美しい死に様とはこういうことだなと思いました)など、いいキャラもいるんですけどね…

その他寒いギャグもマイナスポイント。中でもカイロレンがスノークに怒られてブチ切れてお気にいりの厨二病マスクをぶっ壊し「ママンなんて殺したる!」と戦闘機を駆るところとか……え?そこはギャグじゃないって?

ともかく、ウケ狙いが見え見えなところは多少あれど、全体的に見れば及第点以上の出来でした。こうしてみると、スターウォーズは「決して状況は芳しくないけど、そこに希望はある」というエンドが上手いあたり我々現代社会へのエールともとれなくないかな、と少し思いました。ラストの反乱軍の指輪をした子供じゃないですが、色々と希望を持てる、そんな映画だったと思います。

 

ではまた。